京都祇園平八神泉苑の名物うどんちりについて

祗園平八の「名物うどんちり」は、今から約60年前の昭和30年代に、当時の店主が考案した鍋料理です。煮込んでも煮くずれせず歯ざわりのよいうどんを作るため「きりたんぽ」や「すいとん」などを基に研究に研究を重ね、日本一と称する極太のうどんができあがりました。

その極太うどんを、肉類・魚介類・京野菜・山菜・京湯葉などと共に当店秘伝の薄味でコクのある上品な「お出汁」で煮込んだ鍋料理・・・これが名物の「うどんちり」です。 

京都 祗園平八でしかお召し上がりいただけない「名物うどんちり」をぜひご自宅でもご賞味ください。